同僚の女の子を自分のことを好きにさせるしませんか?そのための正攻法とは?

自分のことを好きにさせることについて書いてみたいと思います。

このテクニックは、同僚の女の子のハートをつかみたいと思うときは、なかなか役立つと思います。

そんでもって、自分のことを好きにさせるということを考えた時に同僚の女の子の心を鷲掴みというか、そういうテクを何かしら身につけておいた方がいいですよね。

 

⇒出会い系サイトで女の子と会いまくっている手順を、期間限定で公開します

そこにたぶん異論がある人はいないと思います。

ところであなたは、同僚の女の子の心をどれくらい分かっているでしょうか?

失礼な言い方だったら申し訳ないですが、あなたは同僚の女の子の心をそんなには分かっていないでは?

ですから、今、このページを見ているのではなかろうかと。

自分のことを好きにさせる方法を、なんにも思いつかなかったとしても、それ自体は問題はないんです。

ただ、そのことを引け目に感じてしまい、それがメンタルブロックになっていては、よろしくないですね。

メンタルブロックがあると、同僚の女の子を目の前にしても、なかなか堂々とした態度が取れないと思います。

それでは先にまず、失敗を避けるために、誤ったやり方をご紹介しておきます。

それは「オンナは、押せば落とせる」という考えの元、イケイケで同僚の女の子にアタックしてしまうということです。

そういうやり方は、同僚の女の子が自分に対してどのような印象を持っているのか考慮していないやり方です。

ちなみにあなたは、そんなやり方、どう思いますか?私は、ダメなやり方だと思っています。

そんな方法でもうまく行く場合もあるかもしれませんが、自分のことを好きにさせることの成功確率は低いでしょう。

なぜか?それは、そのようなやり方が、同僚の女の子にとっては、もはやありふれているからです。

ほとんどの同僚の女の子は、よほどブスでもない限り、それなりの男に言い寄られているものなのです。

他の男と同じようなやり方では、自分のことを好きにさせるのを上手くいかせるのはムズカシイのです。

それでは自分のことを好きにさせるに効果的な方法とはなんなのでしょうか?

それは、いつも言わないようなことを言うという方法です。

なぜ、これが自分のことを好きにさせるのに、効果的なのか?というと、おそらく同僚の女の子は、過去に多くの男に誘われたりしています。

しかし、いつも言わないようなことを言うのを効果的に使っている男が少ないのです。

ですから、これが効果的なのです。

いつも言わないようなことを言うことが、どうして効果的なのか解説してみましょう。

なぜ効果があるのかというと、同僚の女の子の感情を揺り動かすことが出来るからなんです。

もっとも、あなたはいつも言わないようなことを言うということ方法自体は耳にしたことがあるかもしれません。

しかしいくら耳にしたことがあっても、実際に行動にうつしたのか。

いつも言わないようなことを言うということを、同僚の女の子に試してみたかどうかが重要なことなのです。

結局のところ、行動していれば結果はそれなりに付いてくるはずなのです。

いつも言わないようなことを言うについては、いろいろな本でも学べると思うので、ぜひ学んでみて欲しいと思います。

しかし、それを同僚の女の子にいきなり試すのはよくないです。

同僚の女の子に対して行うのであれば、慣れてきてからの方が得策です。

何はともあれ、焦らずに1つ1つのテクニックを、実践的に使えるような武器に仕上げていくことが大切です。

そこまで出来ると、その武器を使って自分のことを好きにさせる場合など、毎回有利にいけるはずです。

⇒出会い系サイトで女の子と会いまくっている手順を、期間限定で公開します



スマホの出会いはラブサーチ
サブコンテンツ
ダイエットの語源

このページの先頭へ